日本社会関係学会 

機関誌『社会関係研究』
概要

現在、以下の通り、日本社会関係学会公式機関誌『社会関係研究(Japan Journal of Social Relations, JJSR)』の刊行を準備しており、今夏より投稿を受け付ける予定です。

☆『社会関係研究』(英語名:Japan Journal of Social Relations, JJSR)は、日本社会関係学会の機関誌として刊行し、日本語または英語によって書かれた、市民社会、ソーシャル・キャピタル、政策評価など本学会の想定する研究領域に関する論文等を掲載対象とします。

☆本誌は、オンラインジャーナルとして刊行し、日本社会関係学会会員からの投稿を受け付け、査読プロセスを経たものを掲載します。

☆本誌は、オープンアクセスを基本とし、本学会の会員であるかどうかを問わずアクセスできるものとします。

☆投稿は随時受け付け、査読を経て編集委員会が掲載を許可した論文から随時オンライン刊行します。年間の掲載論文をまとめて年報として編集のうえ、あらためて刊行することも検討します。

☆本誌は、「原著論文」のほか、「研究ノート」「調査報告」などのカテゴリーを設ける予定です。また、必要に応じて、招待論文を含む特集論文を掲載することも検討します。




© Copyright 2019 JASR - All Rights Reserved