日本社会関係学会 

日本社会関係学会機関誌『社会関係研究(JJSR)』の概要

概要
・『社会関係研究』(英語名:Japan Journal of Social Relations, JJSR)(以下、本誌)は、日本社会関係学会(以下、本学会)の機関誌として刊行し、本誌は、日本語または英語によって書かれた、市民社会、ソーシャル・キャピタル、政策評価など本学会の想定する研究領域に関する論文等を掲載対象とする。
・本誌は、オープンアクセスのオンラインジャーナルとして刊行し、本学会の会員であるかどうかを問わずアクセスできるものとする。
・当分の間、日本社会関係学会会員であることを条件に、投稿料および掲載料を徴収しない。
・投稿は随時受け付け、査読を経て編集委員会が掲載を許可した論文から随時オンライン刊行する。なお、年間の掲載論文を年報として編集のうえ、あらためて刊行することがある。
・本誌に、「原著論文」のほか、「研究ノート」「調査報告」などのカテゴリーを設ける。また、必要に応じて、招待論文を含む特集論文を掲載することがある。


編集委員会

アドバイザリーボード:稲葉陽二、近藤克則、佐藤嘉倫、辻中豊
編集委員長:石田祐
編集委員:大西たまき、岡田彩、小野晶子、木谷耕平、立福家徳、辻竜平
西出優子、本庄かおり、松永佳甫、山内直人、山本英弘
編集主幹:小林敬志・齊藤祐輔
(五十音順、敬称略)



『社会関係研究』投稿説明会(10月9日(土)15時~) *説明会は終了しました

日本社会関係学会会員の皆様

いつも当学会の活動にご参加いただきありがとうございます。

さて、かねて刊行を計画しておりました機関誌『社会関係研究』の投稿受付準備が進んでまいりましたので、受付に先立ち、下記のとおり投稿説明会を開催いたします。
以下の「参加方法」により10月7日までにお申し込みください。
現会員でなくても誰でもご参加いただけますので、皆様のネットワークを通じてご周知いただければ幸いです。


日時:2021年10月9日(土)15時から1時間程度
開催形式:ZOOMによるオンライン

説明者:石田祐・編集委員長
モデレータ:山内直人・編集委員

内容:
1.本誌の特徴
2.投稿資格
3.投稿規定、執筆要領の解説
4.査読システムと審査のポイント
5.著作権ポリシー
6.質疑応答など

参加方法:
以下のGoogleフォームに記入の上、10月7日までに送信ボタンを押してください。
https://forms.gle/1YGJsbwdsyxCeyj48
説明会前日(10月8日)までに申し込み者のメールアドレスにZOOMのリンク情報をお送りします。



© Copyright 2019 JASR - All Rights Reserved