ソーシャル・キャピタル研究会(2022年2月17日(木) 19時半~オンライン開催)
講師:露口健司先生(愛媛大学大学院教育学研究科教授)

演題:「ソーシャル・キャピタルで解く教育問題」

 同タイトルのご高著(ジダイ社2019)からご講義をいただきます。このほかにSC研究者向け書籍(編著)として『ソーシャルキャピタルと教育ーつながりづくりにおける学校の役割』、『「つながり」を深め子どもの成長を促す教育学』いずれも2016年ミネルヴァ書房刊、などご編著があります。
 本研究会は 主宰者の稲葉陽二が個人で実施しているものです。今回は日本社会関係学会からも参加案内をお願いし共催とさせていただきます。非会員にも無料公開いたします。冒頭20分は稲葉より露口先生のご紹介も含めご講義のテーマに基づきお話をさせていただきます。

露口健司先生は愛媛大学大学院教育学研究科教授、放送大学客員教授、博士(教育学)九州大学。ご専門は教育学、教育行政学、ご研究のキーワードは社会関係資本、信頼、リーダーシップ、教職論、学校改善、ウエルビーイング、エンゲイジメントです。

以下の申込みのGoogle FormのURLです。研究会参加希望の方はクリックして必要事項をご記入の上、送信ボタンを押してください。2月16日までにZoom招待URLをお送りし、かつ当日にリマインダをお送りします。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeAKhVMlB1vhq-hijk12zUciUpCRtqvudRHmzq4zkJVFGU9tg/viewform


講師の先生からのメッセージ

教育分野におけるソーシャル・キャピタル研究の新たな動向を、①地域・コミュニティ、②不平等・格差、③幸福・生活満足の3つのテーマに分けて解説いたします。また、学力・学習意欲の低下、いじめ・不登校、健康・体力低下、自尊感情低下、教員不祥事、教員の多忙、保護者クレーム等の教育問題を、ソーシャル・キャピタルの視点から分析し、解決の方向性を提案していきます。皆様のご参加、心よりお待ち致しております。

これまでの研究会と今後の予定

© Copyright 2019 JASR - All Rights Reserved