日本社会関係学会 

ソーシャル・キャピタル研究会(2021年6月24日 19時半~21時オンライン開催)
講師:田尾陽一先生(特定非営利活動法人「ふくしま再生の会」理事長)

 6月のソーシャル・キャピタル研究会は、福島第1原発から30km以上離れ電源開発交付金の恩恵にも浴することなく、独自の地域開発をしてきたにもかかわらず放射線の汚染地区となり長期にわたり帰還困難区域に指定された福島県飯舘村に東日本大震災直後から現在まで地域の再生活動を展開され、 指定解除後飯舘村 に移住された田尾陽一氏から、ご自身が理事長をされているふくしま再生の会の活動実績をまとめられたご高著『 飯舘村からの挑戦 自然との共生をめざして』ちくま新書
https://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480073631/
からご講義をいただきます。書評は以下をご参照ください。
http://www.fukushima-saisei.jp/report/20210523/2943/

 なお、本研究会は 主宰者の稲葉陽二が担当する日本大学大学院法学研究科経済政策特殊講義Ⅰの授業を一般に公開するものです。6月から9月までは4か月にわたり災害とソーシャル・キャピタルをテーマにSC研究会を開催しますが、5月の研究会と同様に冒頭20分は稲葉より大学院授業の一環としてテーマに基づき講義をさせていただきます。

日時:令和3年6月24日(木)19:30~21:00
  19:30~50   講義1 稲葉陽二「社会関係資本を用いた災害研究」
  19:50~20:30 講義2 田尾陽一先生 「飯舘村からの挑戦」
  20:30~21:00 質疑応答

今回の研究会は オンライン会議システム Zoomで行う予定です。
参加費無料ですが事前申込みが必要です。
本案内の後半に記載の申込みフォームから事前申込みをお願いいたします。

田尾陽一氏は 1941年神奈川県生まれ。特定非営利活動法人「ふくしま再生の会」理事長。元物理研究者。東京大学理学部大学院物理専攻修士課程修了(高エネルギー加速器物理学)。IT企業の経営や社会システムデザインの研究など多岐にわたる活動ののち、福島県飯舘村に移住。


研究会参加希望の方はこちらのGoogle Formsに記入お願いします。以下申込みのGoogle FormのURLです。クリックして必要事項をご記入の上、送信ボタンを押してください。6月20日までにZoom招待URLをお送りし、かつ前日にリマインダを資料とともにお送りします。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScBXsuF7rAmQFJIoxyI4t3HoW2Hj3UD0I5fhOrvUfIJHPCwvQ/viewform


以下、講師の田尾陽一先生からのメッセージです。
---
この度、飯舘村から研究会に参加させていただきます。稲葉先生や皆様のソーシャルキャピタル概念にふさわしいお話が出来るか少々不安ですが、皆様と質疑・討論をさせていただければと思います。私は、自然と人間の関係性の再生を目標に、住民・ボランティア・研究者の協働により原発事故被害地域の再生の各種試みを10年間継続しております。総合大学の全分野を動員しても追いつかない状況ですが、近代科学技術によって破壊されたコミュニティ再生が主要課題であることは明白です。コロナ禍が落ち着きましたら現地に来ていただくことが最大のご理解に繋がると思いますが、オンライン双方向議論を楽しみにしております。
---


なお、本研究会は主宰者の稲葉陽二が担当する日本大学大学院法学研究科経済政策特殊講義Ⅰの授業を一般に公開するものです。 主宰者の個人研究会として引き続き毎月開催いたします。広報活動として日本社会関係学会のメイリスにも流していただく以外は、すべてを稲葉一人で運営しておりますので、不行き届きの点、多々ありますが、ご海容賜りますようお願い申し上げます。


これまでの研究会と今後の予定







© Copyright 2019 JASR - All Rights Reserved