日本社会関係学会 

ソーシャル・キャピタル研究会(2021年9月30日(木) 19時半~オンライン開催)
講師:相田潤先生(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科健康推進歯学分野教授 兼 東北大学大学院歯学研究科歯学イノベーションリエゾンセンター地域展開部門教授)
- 稲葉研究室・日本社会関係学会共催 -

演題「ソーシャル・キャピタルと健康の疫学研究:双方向的な関係を考える」 

9月以降来年1月までは5か月にわたり健康とソーシャル・キャピタルをテーマに開催しますが、冒頭20分は稲葉より大学院授業の一環としてご講義のテーマに基づき講義をさせていただきます。

日時:令和3年9月30日(木)19:30~21:00
  19:30~19:50 講義1 稲葉陽二 「ソーシャル・キャピタルの地域差を考える」
  19:50~20:30 講義2 相田潤先生 「ソーシャル・キャピタルと健康の疫学研究:双方向的な関係を考える」

相田潤先生ご略歴
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科健康推進歯学分野教授兼東北大学特任教授 、歯学博士(北海道大学)
社会疫学におけるソーシャル・キャピタル研究のトップランナーとして海外のジャーナルに数々の業績を残されています。また、近藤克則先生ご編著の『ソーシャル・キャピタルと健康・福祉 実証研究の手法から政策・実践への応用まで 』ミネルヴァ書房刊、では近藤尚樹先生と共著で「第7章 東日本大震災とソーシャル・キャピタル―減災に役立つ社会的な資源」をご執筆です。

研究会参加希望の方はこちらのGoogle Formsに記入お願いします。以下申込みのGoogle FormのURLです。クリックして必要事項をご記入の上、送信ボタンを押してください。9月29日までにZoom招待URLをお送りし、かつ当日にリマインダを資料とともにお送りします。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSf8iLQ6ol1kf5Uosz_w1lxFNs0nZz3VRrfNKmlgTeia-Yrq7Q/viewform


以下、講師の相田潤先生からのメッセージです。
---
公衆衛生学の分野で注目される社会的決定要因としてのソーシャル・キャピタルについて、多地域での調査や東日本大震災前後の研究による実証研究や、健康との双方向的な関係を特に口腔保健に着目してお話しさせていただきます。
---

これまでの研究会と今後の予定







© Copyright 2019 JASR - All Rights Reserved