MENU
山内略歴/Profile
山内担当講義/Classes
山内研究業績/Academic Activities
大学院山内研究室
山内研究室大学院生/Graduate Students
山内研究室関係者の活動紹介
学部山内ゼミ/Undergraduates
Office Hour
Photo Gallery
キャンパスマップ/Map
大阪大学/Osaka University
国際公共政策研究科/OSIPP
経済学研究科
日本NPO学会/JANPORA
市民社会研究フォーラム
NPO研究フォーラム/NPOResearchForum
NPO研究情報センター
ISTR Asia Pacific Regional Office
NPO/NGO研究で学位取得を目指す方へ
政策研究のためのレファレンス
NPO法人財務データベース
ソーシャル・キャピタル・アーカイブ
震災特別プロジェクト
都道府県別市民活動インデックス
アジアの市民社会研究プロジェクト
関西国際交流団体協議会
日本公共政策研究機構(JIPPS)
Restaurants
マイネットワーク
Contact me :
e-mail:
〒 560-0043 豊中市待兼山町1-31
大阪大学大学院国際公共政策研究科
phone: 06-6850-5621
Fax:06-6850-5643


山内直人研究室



Since 2013/04/17

Information :

NEW!山内研究室&JIPPS年間スケジュール

政策アカデミー&ソーシャルファイナンス研究会(7月23日、東京)

日本NPO学会事務局運営を振り返って

ISTR第12回世界大会(ストックホルム、2016年6月28日〜7月1日

 
山内研究室(大学院)を志望される方へ

↓過去の業績は「MENU」の「研究業績/Academic Activities」よりご覧いただけます。
Recent and Upcoming Activities : 

【編著書】
山内直人・田中敬文・奥山尚子編『世界の市民社会2014』大阪大学NPO研究情報センター. 2014年3月, iv+ 265 pages.
稲葉陽二・大守隆・金光淳・近藤克則・辻中豊・露口健司・山内直人・吉野諒三『ソーシャル・キャピタル:「きずな」の科学とは何か』ミネルヴァ書房, 2014年6月10日, xiv+242 pages.
Naoko Okuyama and Naoto Yamauchi, Giving in Japan: The Role of Philanthropy in Strengthning Civil Society, in Pamala Wiepking and Femida Handy eds., The Palgrave Handbook of Global Philanthropy, Palgrave Macmillan, June 2015, pp 404-425 of 704 pages.
大阪大学国際公共政策研究科NPO研究情報センター編『NPO・市民活動図書目録1995-2014』日外アソシエーツ,2014年11月,1,144pages
山内直人・田中敬文編『NPO・NGOデータブック』日本公共政策研究機構, 2015年3月.
日本公共政策研究機構NPO研究情報センター編『ヤングアダルトの本:ボランティア・国際協力への理解を深める2000冊』日外アソシエーツ, 2015年11月, 266 pages.

【学術論文】
「NPOに関する研究・教育の系譜と展望」『東京経大学会誌(経済学)』第281号, 2014年2月, pp.71-91.
山内直人「幸福度指標の政策的意義と活用」『計画行政』第37巻, 第2号, 2014年5月.
川脇 康生・大坂紫・山内直人「生活復興感と被災地における支援・受援関係:東日本大震災被災地意識調査による分析」 JANPORA Discussion Paper 2014-002-J, 日本NPO学会, 2014年6月.
山内直人「地域を指標化する意義と課題」『地域開発』日本地域開発センター, volume 599, 2014年8月号, pp.2-6.
山内直人「ファンドレイジングとは何か」『情報の科学と技術』情報科学技術協会, Vol. 64, 2014年8月号, pp. 294-299.
Kari Steen-Johnsen, Taco Brandsen, Itay Greenspan, Julie Fisher, Mario Roitter, Ali Simsek, Naoto Yamauchi, ISTR Voluntas Best Paper Award 2014, Voluntas, September 3, published online.
松島みどり・立福家徳・伊角彩・山内直人「現在の幸福度と将来への希望:幸福度指標の政策的活用」『日本経済研究』2014年11月(Early View版)
立福家徳・山内直人「第1編 第3章 被害概要」東日本大震災報告書編纂委員会編『東日本大震災報告書:巨大災害とどう向き合うか−東日本大震災に学び、明日の巨大地震に備える−』災害科学研究所, 2015年3月, pp.20-30.
松永佳甫・山内直人「公共経営学とは」松永佳甫編『公共経営学入門』大阪大学出版会, 2015年4月.
岡田彩・石田祐・山内直人「災害時におけるNPOのソーシャル・メディア利用:寄付集めを目的とした利用実態とその有効性の検証」JANPORA Discussion Paper 2015-003-J, October 2015.
Aya Okada, Yu Ishida, Naoto Yamauchi, Effectiveness of Social Media in Disaster Fundraising: Mobilizing the Public towards Voluntary Actions, International Journal of Public Administration in the Digital Age: Special Issue on Social Media Adoption, Utilization, and Consequences in the Nonprofit Sector, forthcoming, (Peer reviewed).
山内直人「NPO法人の労働市場:規模と構造の推計」労働政策研究・研修機構編『NPOの就労に関する研究:恒常的成長と震災を機とした変化を捉える』(労働政策研究報告書 No.183), 2016年5月, pp. 19-34 of 309 pages.
Naoto Yamauchi, Commentary on Re-conceptualizing the Third Sector from Japanese Viewpoints in Jacques Defourny, Kirsten Gronbjerg, Lucas Meijs, Marthe Nyssens, Naoto Yamauchi, Voluntas Symposium: Comments on Salamon and Sokolowski’s Re-Conceptualization of the Third Sector, VOLUNTAS, forthcoming.

【その他の論文・エッセイ等】
山内直人「地域活性化とファンドレイジング」『個人金融』ゆうちょ財団, 2015年夏号, 2015年7月, pp. 12-23.
栗田卓也・田辺恵一郎・村木美貴・山内直人・奥野信宏「シンポジウム・協働社会における財政(パネリストとして)」日本財政学会編『協働社会における財政−財政研究第11巻』有斐閣, 2015年9月, pp. 3-48.
Naoto Yamauchi, Conference Report: The 9th ISTR Asia Pacific Regional Conference in Tokyo, Inside ISTR, July-September 2015 Issue, Volume 23, Number 3, September 30, 2015.

【研究報告・講演】
「ソーシャル・キャピタル:概念とその計測法(招待講演)」三重県公衆衛生学会総会・特別講演、三重県総合文化センター、三重県津市、2015年1月9日
「震災特別パネル:東日本大震災後のNPO法人の活動と働き方(パネリスト)」日本NPO学会第17回年次大会, 武蔵大学江古田キャンパス, 東京都練馬区, 2015年3月15日.
Aya Isumi and Naoto Yamauchi, A comparative Study on Determinants of Public Attitudes toward Government and Prosocial Behavior, ISTR 9th Asia Pacific Regional Conference, Nihon University College of Law, Bunkyo-ku, Tokyo, Japan, August 28, 2015.
Aya Okada, Yu Ishida, Naoto Yamauchi, Nonprofit Use of Social Media in Times of Disasters: Mobilizing the Public towards Voluntary Actions, ARNOVA 44th Annual Conference, Palmer House Hotel, Chicago, IL November 19-21, 2015.
Naoto Yamauchi, Hybridity and Social Enterprises in Japan, Colloquium: Lester M. Salamon, Naoto Yamauchi, Lucas Meijs, Kirsten Gronbjerg, Reconceptualizing the Third Sector: Towards a New Consensus, as panelist, ARNOVA 44th Annual Conference, Palmer House Hilton Hotel, Chicago, IL, November 21, 2015.
Naoto Yamauchi, Philanthropy Research in Japan, Exploratory Workshop on Philanthropy Research Networking in the Asia-Pacific Region, Swinburne University Hawthorn Campus, Melbourne, Australia, 17-18 December, 2015.
山内直人・石田祐・芦田登代・伊角彩・立福家徳「市民活動・家族関係とソーシャル・キャピタル」(招待セッション、モデレータ)ソーシャル・キャピタル・ワークショップ, 東京都千代田区, 日本大学法学部10号館, 2016年3月12日.
山内直人「公共政策の実証分析を学ぶ」(招待講演)上海外国語大学松江キャンパス, 中国上海市松江区, 2016年4月1日.
Naoto Yamauchi, Recent Developments of the Public Private Partnership in Japan (Invited presentation), International Conference on Development of Social Partnership between NGOs and Government Authorities, Tashkent City, Uzbekistan, May 24, 2016.
山内直人「JIPPS政策アカデミー」(モデレータ)日本公共政策研究機構東京ラボ, 東京都江東区, 2016年6月11日.
山内直人「第1回JIPPSソーシャルファイナンス研究会」(コーディネータ)日本公共政策研究機構東京ラボ, 東京都江東区, 2016年6月11日.
Naoto Yamauchi, as panelist, Semi-plenary session: How to Plan a Post-doc Career Abroad, 3rd PhD Seminar, ISTR, International Society for Third-Sector Research, Ersta Skondal University College, Stockholm, Sweden, 13:30-15:00, June 27, 2016.
Naoto Yamauchi, Commentary on Re-conceptualizing the Third Sector from Japanese Viewpoints, as panelist, Round Table Discussion: Lester M. Salamon, Kirsten Gronbjerg, Lucas Meijs, Marthe Nyssens, Naoto Yamauchi, Reconceptualizing the Third Sector: Towards a New Consensus, 12th International Conference, ISTR, International Society for Third-Sector Research, Campus Ersta, Living Room, Ersta Skondal University College, Stockholm, Sweden, 11:00-12:30, June 30, 2016.
Naoto Yamauchi, as session organizer, Money, Roles and Satisfaction Among Those Involved In Voluntary Organizations, 12th International Conference, ISTR, International Society for Third-Sector Research, Ersta Skondal Conference Center, Ersta Skondal University College, Bringsalen, Stockholm, Sweden, 15:30-17:00, June 30, 2016.
Naoto Yamauchi, as session organizer, Membership, Structure, and Dissolution, 12th International Conference, ISTR, International Society for Third-Sector Research, Ersta Skondal Conference Center, Ersta Skondal University College, Bringsalen, Stockholm, Sweden, 11:00-12:30, July 1, 2016.
山内直人「JIPPS政策アカデミー」(モデレータ)日本公共政策研究機構東京ラボ, 東京都江東区, 2016年7月23日.
山内直人「第2回JIPPSソーシャルファイナンス研究会」(コーディネータ)日本公共政策研究機構, 東京都江東区, 2016年7月23日.
山内直人「第3回JIPPSソーシャルファイナンス研究会」(コーディネータ)日本公共政策研究機構軽井沢ラボ, 長野県軽井沢町, 2016年8月6 - 7日.
山内直人「政策研究を学ぶ:理論・実証・事例研究の方法」(報告およびモデレータ)「第1回JIPPS政策アカデミー合宿」日本公共政策研究機構軽井沢ラボ, 長野県軽井沢町, 2016年8月20 - 21日.
山内直人「政策研究を学ぶ:データを使った実証分析」(報告およびモデレータ)「第2回JIPPS政策アカデミー合宿」日本公共政策研究機構軽井沢ラボ, 長野県軽井沢町, 2016年9月10 - 11日.
山内直人「第4回JIPPSソーシャルファイナンス研究会」(コーディネータ)日本公共政策研究機構軽井沢ラボ, 長野県軽井沢町, 2016年9月24 - 25日.

【関与した報告書】
内閣府共助社会づくり懇談会『共助社会づくりの推進について〜新たな「つながり」の構築を目指して〜』2015年3月12日.
関西国際交流団体協議会編『持続可能な社会のつくり方:若者のためのESD実践資料集』関西国際交流団体協議会編, 2015年3月.
関西国際交流団体協議会編『NPO・NGOのキャパシティ・ディベロップメント』関西国際交流団体協議会, 2015年3月.
大阪府茨木市『第5次茨木市総合計画』2015年3月.
『共助社会づくりの担い手の活動規模調査報告書(内閣府委託調査)』三菱UFJリサーチ&コンサルティング, 2015年3月, 82 pages.
Proceedings, ISTR 9th Asia Pacific Regional Conference, August 2015, 193 pages.
日本NPO学会編『東日本大震災民間支援ファクトブック』日本NPO学会, 2015年9月, 77 pages.
労働政策研究・研修機構編『NPOの就労に関する研究:恒常的成長と震災を機とした変化を捉える』(労働政策研究報告書 No.183)2016年5月, 309 pages.

【新聞記事・報道】
「経済教室 震災復興の長期戦略:NPOや地縁 役割増す」『日本経済新聞』(東京本社版, 朝刊)2014年3月31日.
「社会的企業、米GDPの5%超、支援制度も続々(コメント)」『朝日新聞グローブ』(東京本社版朝刊)2014年5月18日.
「課題解決と共生社会の実現に向けて(コメント)」『大阪日日新聞』2014年6月29日.
「求む消防団員 自治体出動(コメント)」『日本経済新聞』(名古屋支社、夕刊社会面)2014年7月30日.
「校舎耐震 間に合わない(コメント)」『読売新聞』(大阪本社版夕刊)2015年2月21日.
「新潟の事故 県調査せず NPO実態把握に遅れ(コメント)」『読売新聞』(大阪本社版夕刊)2015年4月1日.
「東日本大震災5年:有名人の活動 義援金呼ぶ(コメント)」『読売新聞』(東京本社, 朝刊社会面)2016年1月5日.
「熊本地震 ふるさと納税の受付事務を代行」(コメント)『毎日新聞』(西部本社版夕刊)2016年4月22日.
「熊本地震 被災者支援に広がる募金」(コメント)『産経新聞』(東京本社版朝刊社会面)2016年5月16日.
「熊本地震 上士幌町 ふるさと納税 熊本復興に還元」(コメント)『北海道新聞』(地域面)2016年5月23日.
「寄付つき商品 広がる裾野」(コメント)『朝日新聞』(名古屋本社版朝刊地域総合面)2016年5月31日.
Lessons learned from the development of the Japanese civil society, Commentary as international expert, News in TV Uzbekistan, May 27, 2016.

【主催・運営した会議】
International Society for Third-Sector Research (ISTR) 9th Asia Pacific Regional Conference, Nihon University College of Law, Bunkyo-ku, Tokyo, Japan, August 26-28, 2015.

【調 査】
「東南アジアにおける市民社会現状調査」Kuala Lunpur, Jalarta, 2014年10月30日〜11月5日.
被災地NPO訪問調査:NPO法人ピースジャム, NPO法人P@CT, 宮城県気仙沼市, 岩手県陸前高田市, NPO法人桜ライン311, 一般社団法人SAVE TAKATAほか, 2015年9月13〜14日.

【社会的活動】
Member of the Board of Dorectors, ISTR: International Society for Third-Sector Research, January 1, 2015 - December 31, 2017.
Member of the Program Committee, ISTR 9th Asia and Pacific Regional Conference, January 2015 - December 2015.
独立行政法人労働政策研究・研修機構・非営利組織の就労に関する研究会・委員(2013年11月〜)
国土交通省近畿地方整備局・総合評価委員会委員(近畿整備局長任命, 2016年4月1日〜2017年3月31日)
国土交通省大阪航空局・総合評価等に関する委員会委員(大阪航空局長任命, 2016年4月1日〜2017年3月31日)
Mentor for graduate students, Pilot Mentoring Program, ISTR, International Society for Third-Sector Research, July 2016 -
【山内研究室関係者の活動紹介】
三谷信彦「金利とリスクテイク行動―銀行・信用金庫データを用いた実証分析」『日本経済研究』(近刊).
大和三重『介護人材の定着促進に向けて:職務満足度の影響を探る』関西学院大学出版会, 2014年3月, pp.186.
Hideaki Baba, Yu Ishida, Naoko Okuyama, Revenue Strategies and Financial Viability for Emerging Nonprofit Sector in Japan: Commercialization or Diversification? Kansai University Review of Business and Commerce, No.15, March 2014, pp.1-14.



Last updated : 2015/5/14